日本ホリスティックアカデミー ヒプノセラピー(催眠療法)スクール の日本ホリスティックアカデミー熊本
ウェブからのお問い合わせ
お電話でのお問合せ 080-3901-3091
催眠は1955年に英国医師会(British Medical Association)が有効な治療法として認めています。米国医師会(American Medical Association)と米国心理学会(American Psychological Association)も1958年に催眠を有効な治療法として認めています。米国歯科医師会もまた催眠を有効な治療法として認めています。

催眠は一種の変性意識状態です。催眠状態になると心を開き前向きな暗示を受け入れやすくなります。その心の状態を利用して習慣や癖の改善や除去、悩みの解消、性格や自己イメージの改善、能力開発、対人関係の改善、ストレスや痛みのコントロール、自己変革、自己探求などを行うのがヒプノセラピー(催眠療法)です。

催眠は医療や健康分野以外でも、スポーツ、アート、教育訓練、ビジネス、エンターテインメントなどの領域でも広く利用されています。

また、特に悩みや問題はないが人生の目的が見えない方には、前世療法によって過去生のイメージを体験してみることも有効です。前世療法で生と死のイメージを体験することによって死に対する恐怖が消えていったり、その前世と今の人生を比較することで、この人生の目的が分かってくることがあります。

大きな可能性をもった催眠ですがまだまだ未開拓の領域です。実際に催眠を使ってその効果を実感したものだけがその潜在的なパワーに気づいているのです。あなたもヒプノセラピーを学んで潜在意識の持つ大きな癒しの力を手に入れてみませんか。
わたしたちはホリスティックなワークを最大限に活用して人々の幸せに寄与できる優秀なセラピスト・施療士・講師・インストラクター等を養成することを理念としています。 潜在意識の仕組みとパワーを理解しそれに手綱をかけて創造力として活用して、心を自由に解き放ち、病や心の不安からも解放されて、人生を楽しく豊かに健やかに送れるように人と社会に貢献する癒しのスペシャリストを養成していきます。「人の尊厳を奪わない・感情をもてあそばない」 「確かな技術と誠実な心を持つホリスティックワーカーの養成」・・・それが日本ホリスティックアカデミーのミッション(使命)です。